HOME > DIVE

DIVEについて

大阪現代舞台芸術協会(愛称DIVE)とは

NPO法人大阪現代舞台芸術協会DIVEは、前身となる関西演劇人会議をへて阪神淡路大震災(1995年)を大きな契機として1997年に設立されました。演劇の社会への寄与と、環境整備に取り組み、さらなる事業の展開のためNPO法人化し、現在に至ります。発足から数々の成果を達成しつつ、DIVEは大阪の演劇人だけでなく、さらに広い地域とあらゆる分野との交流の場として機能しています。演劇を取り巻く環境は十分に恵まれているとはいえません。演劇のもつ可能性やその豊饒さを考慮すると、社会的な認知も、一部に留まっているのが現状といえるでしょう。さらに新型コロナウィルスの影響は色濃く、私たちの生命線である劇場での上演は、未だ健全な形態が見えない中にいます。演劇は、同時間、同空間でしかなしえず、観客とまたその向こうにある生活を想定する表現である性格から、多くの上演がためらわれその機会が失われました。もちろん、この状況を新たな契機と捉え、新たな形態を導入している劇場、カンパニーも存在し、これらの可能性の模索は、演劇のありかたそのものを考え直す機会でもあると捉えています。DIVEは、発足の歴史から鑑みて、数多ある現在の問題を演劇人たちの団結をもってして対処し、大阪のみならず演劇界の未来の発展を願い日々活動していきます。つきましては、どうか皆さんのご協力とご支援をお願いいたします。

NPO法人大阪現代舞台芸術協会 理事長 小原延之

組織

大阪現代舞台芸術協会(DIVE)は不定期で年数回の理事会を開き、会の決議事項を決定しています。理事会に出席する理事は2年に1回行われる役員の改選によって選出されます。DIVE会員であれば自薦他薦問わず立候補できます。選出され、承認された理事は無償でDIVEの活動を行います。

●組織図

1.組織運営の効率化を計るため、役員は理事長・副理事長・理事3名以上を置き、理事会と称します。
2.会計監査のための監事は、理事会の属さない会員の中から、理事長推薦によって決定されます。
3.部会によって、具体的な活動を行います。部会の数・種類は必要に応じて理事長が決定します。
4.「定期総会」は年一回とし、会員の申し出がある場合には「臨時総会」を行います。
5.議決を必要としない全体集会は「意見交換会」と称します。

●役員 (2020.8月現在)
理事長:小原延之
副理事長:高橋恵
理事:杉本奈月、杉山晴佳、角居香苗、髙安美帆、中川真一、中條岳青、ののあざみ、橋本匡、前田瑠佳
監査役:尾﨑雅久

●NPO法人大阪現代舞台芸術協会・定款
teikan200727.pdf